軽トラ、軽バンの中古車売却術:インターネット利用編

忙しい人のためのインターネット利用術

軽トラや軽バンを売却する時には複数の中古車買取業者から見積りを取るのが定石だというのはこれまでにも説明してきた通りです。しかし、現実的には一社から見積りを取るのだって大変なんです。ネットや電話帳で中古車買取業者を検索して、電話若しくはメールで見積り依頼を出し、返事が返ってくるまで待つ。愛車の状態を確認するのに何度もやり取りをしてようやく見積書を手にする。。。これを忙しい毎日の暮らしの中でわざわざ時間を見つけて複数の買取業者に対して繰り返すと思うと気が遠くなってしまいますね。こんな時こそインターネットを上手に活用しましょう。とは言ってももう既に何度もこのサイトでも登場してきているのでお気づきの方もいらっしゃるでしょう。そうです、中古車買取業者の比較サイトを使うと効率よく複数の買取業者から見積りを取ることができます。やり方はいたって簡単。こういう比較サイトには一発見積り機能というのがあります。この機能の概要は登録されている複数の中古車買取業者から任意の業者を選び、基本的な個人情報と車両情報を入力して送信ボタンを押すと選んだ業者全てに対して見積り依頼が一斉に送信されます。その後、入力された情報をもとに業者側で仮見積りを出す所までがサポートされています。細かい仕様にはサイト毎によって違いはあるものの大体このような機能が一般的ですね。軽トラや軽バンの様な商用車にも使える軽自動車の場合、軽自動車専用の買取業者や商用車専用の買取業者の方が高額査定となるケースが多く、サイトによってはマッチングシステムを使ってシステム側で最適な買取業者の候補を選んでくれるという機能を持っている所もあります。特定のカテゴリーに特化した専門の買取業者は情報の露出が少なく比較サイトでも見つけるのが難しいのでこうした機能があるとより効果的な使い方が出来るというものですね。

最低5社からは見積りを取ろう!

軽トラや軽バンを売却する時には複数の中古車買取業者から見積りを取るということ、そしてその時には比較サイトを利用すると効率よく見積りを取ることが出来るということはこれまでにも繰り返して述べてきました。しかし具体的に何社ぐらいに見積り依頼を出したら良いかは悩みどころですよね。一般論からすれば比較する材料は多ければ多い程交渉には有利だと言われています。しかしだからといって比較サイトに登録されている全ての業者に対して見積り依頼を出すとなるとその後の比較だけで莫大な時間を費やしてしまいそうです。そこで、後に仮見積りの比較をすることを考慮に入れてどのぐらいの数の業者に対して見積りを取るのが最適かを考えると最低でも5社ぐらいに対して見積り依頼を出すのが適当ではないかと思います。5社程度なら仮見積りを比較するにしてもそれほど負担にはならないですね。そしてそこから交渉のために3社に絞り込むにしても振るいにかけるにしても2社だけ候補から外せば良いだけですから悩みどころも少なくて済みます。時間に余裕がある人なら可能な限り多くの業者から見積りを取るのが良いということには変わりありませんが、結局最終的には1社に絞りこむわけですから何十社という業者から見積りを取るというのもあまり現実的だとは思えません。それに、買取相場というのが存在するということは多くの業者が大体同じ様な価格で買取を行っているということですから、余り多数の業者から見積りを取って比較に多くの時間を割くのも結局は無駄足を踏む可能性が高いのです。

中古車買取比較サイトならこんなに便利!

これまでにも中古車買取比較サイトの利便性については述べてきましたが、この章では更に利便性を上げる使い方を紹介しましょう。中古車比較サイトを見る時には一発見積り依頼機能だけを使うのではなく、サイトのお得情報を有効利用するようにしましょう。実はこのような比較サイトの多くは起業からの広告収入によって運営されています。また、中古車市場が活気づくのは4月、5月、7月、9月だと言われていますので、この少し前の時期つまり、3月から8月にかけては中古車買取比較サイトの稼働率が上がります。従ってこの時期に合わせて広告料を出している中古車買取業者では大々的なキャンペーンを行う所もあるのです。例えば3月のみ通常よりも高額査定になる、とか買取価格に上乗せ、などのキャンペーンです。この時キャンペーンへの応募資格には比較サイトにある広告バナー経由で見積り依頼を出した人限定などの縛りがある場合もあるので一通りキャンペーンコンテンツには目を通すようにしましょう。さらに比較サイトを利用する利点はまだ他にもあります。このサイトでは軽トラと軽バンの売却と言うケースに特化して情報を発信していますが、世の中には軽自動車専門や商用車専門の買取業者も存在しています。このような腺も買取り業者では査定も一般の中古車買取業者に比べると高額査定になりやすいと言われていますので軽自動車で商用車にも使える軽トラや軽バンの売却を考えるなら是非専門の買取業者にも注目したい所です。しかし、莫大な資本を投下してどんどん広告を打つ大手の買取業者に比べるとこうした専門業者の場合、マスコミはおろかネットでの情報の露出も少なくSEO対策(検索エンジン対策)も不十分なため自力で検索するのが困難な場合もあります。ところがこうした業者でも比較サイトには登録しているケースが多いため、当たりをつけやすくなります。これだけでも比較サイトを利用する価値は高いと言えますね。高額査定を勝ち取るための情報は検索能力が非常に重要ですので、こうした情報が詰まっている比較サイトを上手に活用して下さい。

出張見積りならよい精度の高い見積りが可能

インターネットの中古車買取比較サイトを利用時には一発見積り機能を使うケースが非常に多くなると思いますが、この時陥りがちなのが一発見積りで取り寄せた見積りだけを頼りに買取業者を選んでしまうというパターンです。一発見積り依頼で取り寄せることが出来るのは簡単な車両情報から得られる仮の見積りだということをしっかりと認識しましょう。本見積りは更に細かい車体の状態を見た上でないと出せないものです。そこで業者に車両を持ち込んで実際に調べてもらった上で本見積りを取ってもらう方法もありますが、最近では出張見積りを無料で行ってくれる業者も増えています。ですから本見積りを取ってもらう時には無料で出張見積りを行ってくれる業者を選ぶと持ち込みをする手間が省けますね。またネットでの見積りはあくまでも仮見積りの段階ですから、そこから更に本見積りを依頼する業者を3社ほどピックアップしておきましょう。むしろ高額査定を実現するためにはここからが本番と言っても差し支えありません。もし、仮見積りだけで買取業者を決めてしまっては本見積りの段階で思った以上にマイナス査定をくらう可能性もありますし、業者によっては仮見積りをわざと高くして本見積りで大きくマイナス査定をするケースだって考えられられますからね。それからまた新しい業者を探すとなると一度断ったところは改めて依頼をするのも気が引けるものですから、本見積りを取る段階で複数の業者に依頼を出しておけば業者選びも効率的に行えるという訳です。この時も持ち込みよりも出張見積りを依頼する方が手間が少ないのでお勧めです。

インターネット限定キャンペーンを見逃すな!

二つ前の章でも少し触れていますが、インターネット限定キャンペーンについてもう少し詳しく説明しておきましょう。このキャンペーンは中古車買取比較サイトに限定されたものではないので普段の生活にも役立つことと思います。話しを軽トラと軽バンの売却に戻しましょう。例えばタイミングさえあえば、中古車買取比較サイトを検索しようと思ってGoogleやYahoo!等の検索エンジンを開いたタイミング、あるいはfacebookやmixiなどのSNSを開いた時にもこうしたキャンペーンの広告バナーが表示されることもあります。更に中古車買取比較サイトのトップページやサイドカラムにはこうしたキャンペーンバナーが頻繁に登場してきますので是非チェックし忘れないようにしましょう。少し大げさな話しですが、インターネットの登場は世界中に社会インフラの変革をもたらしました。これによって企業広告はマスメディアよりもネット上のバナー広告の方がコストパフォーマンスも高く、集客には効果的だということでどの業種でも積極的にネット広告を導入しています。これはユーザーにとっても更に有益な情報をもたらしてくれることがあります。それはネット限定のキャンペーンがここ数年で飛躍的に多くなっているという事実です。つまり、ネットを日常的に利用している人の方がお得なキャンペーンに参加出来る可能性が高くなるということなんです。これから少しだけネットを開く時に広告バナーに注目してみて下さい。「ネット限定」とか「このバナーから申し込んでくれた方限定」という言葉を頻繁に見かけると思います。中古車業界はこの不況にあっても活気のある業種でもあり、こうしたネット限定キャンペーンが張られることが多いので見逃さないようにして下さいね。